Guitarist from Kyoto, JAPAN

愛用のギターを紹介します!

ギタリストの今堀良昭です。

ちょうどフレット交換から帰ってきたのでこのギターを紹介したいと思います。
1A3E927D-DF8C-4CF2-91F5-766A30462B4E_1_105_c

2009年に出来上がった
D’pergo Aged Vintage Classic
です!

今回打ち替えたフレットはジムダンロップの#6105です。
以前は、2012年に打ち替えて、8年もちました。その時はジェスカーのニッケルのフレットでした。
それまではD’pergoのオリジナルフレットでした。
ほんとは5,6年目くらいで低くなり替えたほうがいいかなと思いましたが、その時の低いのがまた良い音がしてたので、なかなか替えずにいました。

それでこのライブのすくないタイミングで替えることにしました。

なぜジム・ダンロップのフレットにしたかと言うと、ジェスカーのニッケルも良かったんですが、少し硬かったです。その分、長持ちしました。
今回替えたジムダンロップのほうが太い音がして気に入ってます。
嫌な音で長持ちするより、寿命が短くても好きな音を選んだほうがいいかなと思いました。

ペグやトレモロ・ブリッジは普通のヴィンテージタイプです。
ペグはGotoh製、それ以外はネジやトーンコンデンサーも含めD’pergoオリジナルパーツです。

僕のセッティングはフローティングにしてます。3弦で一音半アームで上げることが出来ます。この辺は弦高とオクターブピッチなどの調整も合わせて、京都伏見にある
East Village Guitarsのガンさんに何度も調整をお願いしてます。

弦は、おなじみのブラジル産のSG Stringsの.010〜.046を使用してます。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1194
塗装はラッカーで、50年代の車の塗料を使ってるみたいです。

ピックアップは、グリーニングドックで僕の好みを伝えてカスタムで巻いてもらいました!内部の配線やハンダもヴィンテージのものをセレクトして頂き組んでもらってます。凄く抜けのいいピックアップで気に入ってます。

10年以上使ってきましたが、どんどん鳴りは良くなってます!これから何年も使っていくことになると思います。
是非、
ライブ会場でこのギターのサウンドを聴いてください!
毎回このギターを使用している保証はないですが。。。

ライブスケジュールはこちら!

動画で実演してますので是非御覧ください!

【目次】
00:00 メインギターについて
00:51 フレット
04:09 スペック
06:21 フローティング
07:27 ピックアップ
08:12 ピックガードの秘密
実演
09:26 リアピックアップ
10:03 トーン回路
12:00 フロント Yellow Train Intro
13:20 リア Blues
14:06 ミドル Rhythm
15:08 ハーフトーン(リア+ミドル)Rhythm
15:34 ハ ーフトーン(フロント+ミドル)Little Wing
16:50 アーミング People Get Ready
17:33 ライブ

#GuitarMadnessLab

Guitar:
D’pergo AVC

Strings :
SG Strings .010

Pick :
Jim Dunlop Tortex® Wedge 0.60mm

Amp :
67' Fender Proreverb

Video Camera :
Sony FDR-AX45

Microphone :
NEUMANN TLM107
Rode Stereo VideoMic Pro