ようこそ!Guitarist 今堀良昭のホームページへ!

今堀良昭ギター教室ではどんなレッスンをしてるか?

今日は今堀良昭ギター教室ではどんなことをレッスンしてるか?
説明したいと思います!

とにかく、
音を良くすることを第一に考えてます。

そのために
右手のピッキングの握る力、
当てる角度、
ストロークの振り方、
腕の回転の仕方、
左手なら
押さえ方、
力の入れ方、
フィンガリング、
ミュートなど、
すごい細かいとこまでチェックしていきます。

体の全身の使い方も重要ですし、
リズムの取り方だったり、
そういった基礎をとにかく重点的につぶしていきます。

僕が用意したエクササイズがこのファイルの中にたくさんあります。
エクササイズ ギター教室

これをやっていくと先ほど言ったような
基礎力を身につけることができます。

完全な個人レッスンなので、生徒さん一人一人の出来ているところ、出来てないところを僕が見極めます。

その出来てないところに対して、
このエクササイズがいいとか、
ここをもっと強化しましょうとか、

人によって順番はバラバラで、やることも全員違うんですけど、
そういった形で的確に必要なエクササイズを指示していきます。

医者が薬を処方するようなイメージです。
どれだけいい薬でも骨折している人に風邪薬を渡しても意味ないですから。

で、よくある悩みでTAB譜などをみて見て練習したりするんですが、
フレッド番号はあってる、
弦もあってる、
リズムもあっているのに
なぜか出来た感じがしないとか、
なんかそれっぽくならない、
本物みたいにならないという悩みの方が多いんですね。

そういうった悩みの方には、僕のやり方が合っていると思います。
なぜかと言いますと、

上手い人やプロの演奏は、
例えばカッティング
一つとってもどこの音でアクセント入れるか?
どこの音を長くするか?
とか

ソロでも
単純に弦のフレット番号をピロピロと弾いてるわけではなく
音の長さ、
強弱、
ビブラートなど
一音一音を繊細にコントロールしながら演奏しています。

その積み重ねで素晴らしい演奏が成り立っています。

しかし、さっきほど言った
右手、左手、体の使い方
これが出来てないと繊細なコントロールがほとんど出来ないんです。

悩みを持っておられる大抵の方は力んでて右手でピックをギュッと握ってたり
左手がガチガチで指先に力が入りまくってる状態で弾いてしまってます。

それでは繊細なコントロールができません。

なので僕が用意しているエクササイズを元に練習して、
徐々に基礎を習得してもらいます。
そうすることによって、
徐々にコントロールできるようになってきます。

そうするとだんだん音楽的な表現力が高まるので
ただ単にTAB譜をコピーしただけでは得ることが出来ない
演奏能力が身に付きます!!

やはり基礎がすごい大事なんで、この部分を教えるのが
今堀良昭ギター教室の最大の特徴になります。

素人の方でもプロを目指している方でも目標はそれぞれあると思います。

どんなレベルであれ、この基礎力があるのとないのでは今後の上達具合が全然違います。
もちろん、しっかりとした基礎が身についている方が上達への近道です。
演奏の表現能力は確実に高まります。

年に1回、発表会でプロの方バックに弾くというイベントもあります。
こちらでは普段の練習の成果を思う存分ぶつけてもらいます!
ダイジェストを見て頂けたらだいたいの雰囲気が分かってもらえると思います。


まずは無料で体験レッスンしますので応募フォームから申し込んでください!
ではお待ちしています!
ギターレッスン生、募集中です🎸
http://yoshiakiimahori.com/lesson.html