Guitarist from Kyoto, JAPAN

【愛機紹介】ヴィンテージギター・56' Gibson ES-140T

ギタリストの今堀良昭です。
Gibson es-140t
愛機紹介です!
今回は1956年製のギブソン、ES-140Tです。ショートスケールのギターになります。
スケールが22 3/4"です。ボディ厚はES-335などのセミアコと同じ1 3/4"です。最後のTはシンライン・ボディ(薄型)仕様のTです。
Gibson es-140t
とはいえ、ギブソンの50’sはやはり別格です!かなり完成度が高いのがわかります。
Gibson es-140t P-90
ピックアップはドッグイヤー・タイプのP-90シングルコイルをフロントに一つだけマウントされてます。
3Gibson es-140t
ネックが丸くて太いです。
Gibson es-140t
ピックガードは買ったときにはもう無かったです。フレットはジムダンロップの#6230に交換しました。ペグも交換してます。
今調べてみるとかなり高い値段が付いてますが、当時は買う安い値段でした。

このギターに使用している弦は、SG stringsのエレキ用の弦、.011-.049のセットです。ショートスケールなので通常よりも太いのを選んでます。少しでも力むと音程がシャープしてしまいます。
1B7946A6-77FE-46E0-A0EC-2FEB04EF7781_1_105_c
この楽器の音や手に入れた時のストーリーはこの動画でチェックしてください👇👇👇

【目次】
00:00 56’Gibson es-140T
01:14 スペック
03:10 入手ストーリー
06:38 Blues
08:42 Bossa Nova
11:32 Jazz Blues
12:52 Over the Rainbow
14:50 弦について
16:26 最後に
#GuitarMadnessLab


Guitar
56’ Gibson ES-140T

Strings :
SG Strings .011

Pick :
Jim Dunlop Tortex® Wedge 0.60mm

Amp :
64' Fender Deluxe

Video Camera :
Sony FDR-AX45

Microphone :
NEUMANN TLM107
Sennheiser MKE600