Guitarist from Kyoto, JAPAN

ギターが上手くならない5つの理由

ギタリストの今堀良昭です。

京都で曲を作ったり
バンド活動したりギター教室オンラインサロンを運営したりしてます。

今回は本気でギターが上手くなりたい人のためにいくつか意識するべきことを言っていきたいと思います。

僕も昔からギターが好きで、一旦就職した会社も辞めて、15年間ギタリストとしてストイックにやってきました。
その経験を踏まえて、書いていきます。

参考になれば嬉しいです。

まず、皆さんは練習しているかと思いますが、自分のギターのトーンや演奏に思うような変化が起きていなければ、今後、同じ事を続けていてもこの先も残念ながら効果は期待出来ません。

何故なら目的地にたどり着くための道の方向が間違っていたら、どんなに頑張って歩いても走っても目的地にたどり着かないのと同じで効果のない練習はやり方の方向性が間違っているのでそれをそのまま続けていても、ある日突然効果が現れると言う事はまずありません。
努力が報われるというのは、正しい方向に向いてた時のみ、報われます。

いつまでも変化がない人は絶対的に方法変える必要があります。

以下の5つの事をチェックしてみて下さい。

自分の音のイメージが出来ているか!?
弾く前にちゃんと理想のサウンドやプレーを意識出来てるか?出来てなければなにも得る事が出来ないです。
もしなければ、まずは憧れてるギタリストの音をイメージしましょう。
強くイメージしましょう。

自分の限界を超えているか!?
過去最高の音が出ているか!?
今までの自分の音を録音して聴き比べてください。変わってなければ練習の意味ないです。
カラオケなど使用して楽な演奏してないか?確認してください。友達と遊んでるのと同じです。
自分で練習メニューを組んで自分の限界を超えていきましょう。

メニューの組み方などわわからない方は、是非ギターの先生をみつけて習ってください。今は情報が溢れてて、どれをどうやったらいいのか?迷いまくってる方が多いと思います。習いに行くのが、それが1番の近道です。

ターゲットを的確に捉えられているか!?
その練習はなにに特化してるのか?ピッキングなのか?ミュートなのか?やみくもにやっても効果は期待できません。

長時間ダラダラやりすぎてないか!?
皆さん平等に与えられた時間です。
時間を決めて集中してやりましょう。メールなどにいちいち反応しながらの練習とかでは、時間はすぐに過ぎてしまいます。

人間集中できる時間は決まってるので、楽しむ時は楽しんで、練習は短く効果的にスパッとやりましょう。

出来ない理由を探してないか!?
これが癖になると上達はストップします。

コメントなどでよくありますが、自分のことを素人なのでとか初心者ですが、という断りをつける方多いです。
実際はステージに上がれば、アマチュアとかプロとか関係ないです。
アマチュアであまり上手くない人でも、とても熱い想いが音楽から伝わってくれば感動しますし、生徒さんとバッキングの練習をしていてそのままジャムに発展してグルーヴして楽しい時もたたあります。アマチュアでもある部分に特化してたりします。
プロは結局、総合的にバランスがとれてたり営業力があったりして成り立っている場合があります。
素人だから出来ないみたいな思考にならない方がいいです。

まとめます!

自分の音のイメージが出来ているか!?

出したい音をイメージ

自分の限界を超えているか!?

常に自分の音をチェック

ターゲットを的確に捉えられているか!?

目的のある練習

長時間ダラダラやりすぎてないか!?

集中して短めに

出来ない理由を探してないか!?

言い訳せずにやってみる

です。
このような事に意識してギターや音楽と向き合いましょう!!
必ず成果が出ると信じてます。